脇には美白クリームを!口コミで評判なぶつぶつ対策

脇のぶつぶつ黒ずみ対策方法

黒ずみができる理由の大きな原因として、外部からの摩擦があります。下着の締め付け、衣類の締め付けのほか、カミソリでの処理で刺激を与えるとメラニン色素が多く分泌されていくことで色素沈着が起こります。よく聞く例としては、自己処理でワキ毛をカミソリで脱毛していて、その摩擦のせいで黒ずみになっていた場合。エステサロンで脱毛に通い、自己処理をしなくなると、とだんに赤みや黒ずみがなくなったケースもあります。ただ、妊娠や出産のようなホルモンバランスの乱れ、加齢によるターンオーバーなども原因になりえるので、一概に「エステサロンに行って脱毛すれば脇のぶつぶつ黒ずみは解消される!」とは言い切れないです。

これはやってはダメ!黒ずみが悪化する……?

皮膚の柔らかい脇は、他の部位に比べて赤くなりやすく、下着で圧迫されます。外部が また、ホルモンバランスによって黒ずみが起こることもあります。30代を過ぎると加齢により、血行・代謝が悪くなり、ターンオーバーが乱れて脇だけでなく全身の黒ずみにつながるケースも。洗いすぎはN.G。黒ずみは結局のところ皮膚が汚いわけではなくて、刺激に対してメラニン色素が過剰に発生している状態なのでゴシゴシ洗いは絶対に避けて。ゴシゴシ洗うと皮膚を傷めつけてしまって、結局は意味がないというケースもあります。デリケートゾーンの話になりますが、バリア機能がある菌を落としてしまうと黒ずみが悪化してしまうこともあり、やってはいけないこと。ニオイの原因にもなります。

正しい脇ぶつぶつ黒ずみ対策!美白クリームを

そこでするべきケアは、弱酸性の石鹸で「優しく丁寧に」洗い、汚れをしっかり落としてから、専用のクリームで美白。丁寧に洗う理由は、肌をキレイにすることで次につけるクリームを導入させやすくするためです。ゴシゴシは洗いません。美白クリームがいい理由は、「肌を保湿」させる効果と「美白有効成分を肌に」届ける効果の2つが1つで叶うから。保湿して美白成分をつけることで、スキンケアと同様、脇も潤いが保たれます。スキンケアでも、汚れは優しく落とし、最後にクリームや乳液でフタをしますよね。ワキの黒ずみ対策もスキンケアと似ています。美白している人は、顔にもスキンケアの際に美白有効成分の入ったクリームを塗ります。脇の黒ずみも同様。その際は、口コミでも評判の「肌に優しい」「乾燥しにくい」商品を選びましょう。

結果として見るべきなのは「美白有効成分」!?

人によっては、脇のぶつぶつ黒ずみ対策として、市販のニベア青缶やオロナインのようなクリームを使っている人もいますが、実はこれは効果はあまり感じられません。その理由は、「保湿」はできますが「美白有効成分」が入っていないからです。ワキ毛の自己処理でカミソリ負けをしていて赤みがある場合は効果を感じられた錯覚に陥りますが、黒ずみになってしまった部位には「美白」をしないといけません。できてしまった黒ずみは乾燥するだけではなおらないので、美白有効成分の入った製品を選ぶのが大切。そのためにも、口コミで人気のワキやデリケートゾーン専用の美白クリームを使うことが大切になってくるわけです。