脇ぶつぶつには市販のニベアが効果ある?黒ずみに効果的か調べてみました!

ニベアが脇のぶつぶつ黒ずみにも効果的?実際は?

NHKの「ためしてガッテン」の放送以来、シンプルケアのガッテン塗りが人気のニベア青缶。30代、40代の女性を中心にニベア美容法が提唱されていて、市販のニベアのクリームを塗るだけのシンプルケアが受けています。そして、プチプラのニベアはフランスのデパートコスメ、ドゥ・ラ・メールと成分も似ているため万能アイテムと言われています。このニベア青缶、ぶつぶつの脇の黒ずみにも効果的なのでしょうか。

ニベアの青缶は脇の黒ずみに効果あり?

ニベアの青缶はドゥ・ラ・メールとほぼ同じ。このようにインターネットでは言われています。そして、ニベア青缶はスキンケアにも、ボディケアにも効果があると言われています。では、脇の黒ずみにも同様に効果があるのでしょうか。ここで、黒ずみには3パターンあったことを復習しておきたいところです。①埋没毛による黒ずみ②毛穴汚れによる黒ずみ③乾燥によって色素沈着が起こってしまった黒ずみのどれかで黒ずみは起こります。この場合の③であればニベアでも効果があるかもしれません。ただ、あまり期待しない方がいいです。脇専用の美白クリームを使った方が早く黒ずみはよくなります。脇のぶつぶつがあり、ニベアを使えば劇的によくなるとは言い切れません。

ニベア青缶では脇のぶつぶつが解消されない理由は?

市販のニベアの青缶では、脇のぶつぶつ解消ができない最大の理由としては、脇の黒ずみ対策の美白クリームには「美白有効成分」が入っているからです。ビタミンEやビタミンC誘導体のような美白成分が入っているほか、商品によっては米ぬかエキス、ヒアルロン酸、プラセンタ、トレハロースなどが入っていることもあります。濃密なハンドクリームとしても人気のニベア。ワセリン、ホホバオイルを中心に、スクワランやミネラルオイルを配合していて「保湿」はできるものの、肝心の美白有効成分が入っていません。そのため「美白効果」はありません。保湿はされても、できてしまった脇のぶつぶつ、黒ずみにはトラネキサム酸などに代表される、一般的にワキの黒ずみに効果があるとされている成分がない限り皮膚がきれいにはなりません。そのため、黒ずみには効果はないとされています。「乾燥での黒ずみ」の乾燥予防にはなるかもしれませんが使用上にも注意が必要。ニベアはオイルが主成分なので脂性肌の人は要注意。毛穴詰まりが起こるかもしれないからです。ただでさえ汗腺が発達している脇にニベアを塗ると油っぽくなってしまうこともあります。黒ずみ予防には効果的「かもしれない」けれど、できてしまった黒ずみには効果なし。美白効果のある専用クリームがやっぱり効果的なので、できる限り美白専用商品を選ぶようにしましょう。間違った使い方をしてしまうと、逆にメラニンがたまりやすくなる結果に。油なので汗腺の発達した脇に使って毛穴詰まりをしてしまうことに注意したいところです。